782円 おやつ、おつまみ、お弁当に! DHC うずらつけたま ホタテ味 37.5g x6点 食品 卵 うずら卵 おやつ おつまみ お弁当に DHC ホタテ味 宅配便送料無料 x6点 うずらつけたま 37.5g 37.5g,x6点,/boral965943.html,食品 , 卵 , うずら卵,termochoszczno.pl,782円,DHC,ホタテ味,おやつ、おつまみ、お弁当に!,うずらつけたま おやつ おつまみ お弁当に DHC ホタテ味 宅配便送料無料 x6点 うずらつけたま 37.5g 782円 おやつ、おつまみ、お弁当に! DHC うずらつけたま ホタテ味 37.5g x6点 食品 卵 うずら卵 37.5g,x6点,/boral965943.html,食品 , 卵 , うずら卵,termochoszczno.pl,782円,DHC,ホタテ味,おやつ、おつまみ、お弁当に!,うずらつけたま

おやつ おつまみ お弁当に 公式ショップ DHC ホタテ味 宅配便送料無料 x6点 うずらつけたま 37.5g

おやつ、おつまみ、お弁当に! DHC うずらつけたま ホタテ味 37.5g x6点

782円

おやつ、おつまみ、お弁当に! DHC うずらつけたま ホタテ味 37.5g x6点





商品説明

国産うずら卵を醤油とホタテの旨みをきかせてじっくり煮込み、風味豊かに仕上げた味付けうずら玉子です。
中までしっかりしみ込んだまろやかな味わいと、ぷりぷり、やわらかな食感は、おつまみやお弁当のおかずにもぴったりです!
●お子様から大人まで幅広く、お楽しみいただけます。
●1袋あたり85kcaLなのに満足感ある食べごたえなので、ダイエット中の小腹満たしにもおすすめです。
●着色料・香料・保存料 無添加。

【名称】
味付けうずら玉子

【原材料名】
うずら卵(国産)、還元麦芽糖水飴、醤油(小麦・大豆を含む)、たん白加水分解物、発酵調味料、ホタテエキス/調味料(アミノ酸等)

【殺菌方法】
気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌

【栄養成分表示(1袋37.5gあたり)】
熱量・・・85kcaL
たんぱく質・・・5.9g
脂質・・・5.3g(飽和脂肪酸2g)
コレステロール・・・176mg
炭水化物・・・3.3g
食塩相当量・・・0.7g

【保存方法】
直射日光、高温多湿な場所をさけて、保存してください。

【注意】
・この商品はレトルトパウチ食品です。
・開封後は早めにお召し上がりください。
・開封時に製品中の調味液がこぼれないようご注意ください。
・製法により卵の薄皮が付着していることがありますが、品質に問題はありません。
・卵の個体差、製法により卵の色にばらつきが生じる場合がありますが、品質に問題はありません。
・原材料の一部に卵、小麦、大豆を含みます。
・原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。

商品詳細(サイズ・容量、規格)
個装サイズ:109X148X20mm
個装重量:約45g
内容量:37.5g(5個入)

【ケース入数:30】
【発売元:株式会社DHC】

おやつ、おつまみ、お弁当に! DHC うずらつけたま ホタテ味 37.5g x6点

ケンウッド(KENWOOD) 彩速ナビ 地図更新ソフト KNA-MD819A
  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

    エフェックス EFFEX EFFEX (エフェックス) ショートサイドスタンド ZX-6R 19 PHS767
  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook